FC2ブログ
消えそうな火
2007.12.10(Mon)

この頃毎日電話してます。

新しい想い人さんがいるのに・・・。
やっぱ私は 彼女が学校でいない時間の埋め合わせ?

私の気持ちは一方通行。
もう前のように私だけを見てもらうことはない。
私も誰かに愛されたい・・・・・・。
今の彼は 私を利用してるだけだもん。

私に彼への気持ちがなかったら、友達として楽しく過ごせる。
未来を期待しなくてもいい。

さすがに心が疲れてきたみたい。
「もう、サイトに顔出さなくてもいいかなぁ・・・・」

『目の届くところにいて』そんな約束があったから
遅くなったけど取り合えずご挨拶に行った。
するとすぐにメールが来てお電話。

どうやら振られたみたいです。
まだ何も言ってないのに 先に釘を打たれたようです。
それで私に報告しにきたのね。

彼はまた次を探すよ。
それまで また私の方を見るようになる。

私にだってメールしたりお電話したりする人はいるんだから。
お電話もしたよ~ってみんな彼に話した。

いつもは音を消してる携帯がなったの。
受信メール。
そこから彼の声が静かになった。
誰かのメールに妬いたのか すねたのか。
『ん?聞こえてないよ』って言ってるけど
だったら何で充電完了の音が聞こえてるのさ。

「私はただの友達でしょ?そんな事は彼女に頼めばいいやん。
 今度送るCDが最後のプレゼントだね。」
「あなたは彼女が出来たら もう一人じゃないよ。でも私はまた独りになるよ」
「心の火が消えそうなの。私も誰かに愛されたいよ。
 この状態が辛くなってきた」

そんな話を言ったよ。
本当に彼への火が消えそうなの。
消えた方が楽になれるかもしれない。
でも残しておきたい。守りたい。

彼もこのまま忘れた方が楽なんじゃない?って言うけど。
「どんな形でもいい。繋がっていたい。寂しい時は一緒にいてあげたい」ってお返事しました。


交わる事はないよ。このままの状態。
段々火が消えそうだけど
お互い目の届くところにいよう。
 
スポンサーサイト





コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信: