FC2ブログ
詩 By彼
2007.11.03(Sat)
この手のひらの中にはもうあなたの温もりがなくて
冷たい携帯ばかりを握りしめている
遠距離なんて寂しくないとそうずっと思っていたのに
あなたの形が体の中から消えていってしまうの
ずっと鳴らない携帯電話 
あなたは今何をしてるの?
古いメールを読みながら寂しさを寂しさを寂しさを・・・・・・

同じ空を見ているかな?そんな事を想いながら
いつ逢ってもいいようにと私は綺麗に綺麗になる
この同じ空の下 今あなたは誰をみているのかな?
傍にはいないのに私はあなたばかり見ています


冷えた手のひらにカイロを握り締めるけど
ちっとも温まらなくていつも震えている
あなたと最後に逢った日からどれくらいたったの?
空っぽになった存在が虚しくて面影を探しアルバムを開く
笑っていたあの頃の写真には私に小さなともしびをくれる
私の涙で今にでも小さな小さな炎が・・・・


この星空は一緒かな?
そんな事を想いながら
いつ逢ってもいいようにと笑顔で笑顔でいるの
この同じ空の下 今あなたは誰の声を聞いているのかな?
ほんの少しでいい・・・・ほんの一瞬でいいからあなたの声が聞きたいの・・・・・


あなたの笑顔は?遠く離れても私のだよね?
きっともうすぐにあなたの存在を存在を・・・・・
真っ青に晴れた空の下 この手のひらにきっとある
あなたの温もりが私の涙が・・・・・
スポンサーサイト





コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信: