FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やっと会えた
2010.09.23(Thu)
お義母さんの入院で東京に行けなかったから 会うのは半年ぶり。

会った時のお決まりのパターン。
人気のないガレージの階段で
「ぎゅ~~~~♪」「Chu♪」
『やっと会えたね(^^)』

でも周りが気になるからすぐに車の中へ。

そこでも「ぎゅ~♪」「Chu♪」
『生の朔夜だ~』

とっても喜んでくれるのはうれしいんだけど
車にエアコンがないから暑い。


すぐに車を出して 銀座へ。
でもランチの時間までどこで時間をつぶそうか

「明治○宮って近い?たしか願いが叶う井戸があったと思うの」
急に思いついて言ったけどそこだったかどうか自信がなくて携帯で探していたの。

『朔夜は携帯ばかり触っててつまんな~い』
確かに。ごめんね。

行ってみたら1時間も待つ事なく井戸の写真を撮る事ができました。
これも「行く」と、すぐに決断した彼のおかげだと思いました。
私ならその場所に止まって確認してから動くもん。


お昼は牡蠣ずくし。
牡蠣にあたった事のある彼は、牡蠣は許してm(__)mって言ってたの。
でも、ちょこっと食べたら凄くおいしくて感動してくれた。
良かった。夏の間は暑すぎてあまりご飯を食べてなかったらしいよ。
これで少し栄養がとれたら嬉しいな。


この後は、銀座に行って次の目的地を探してうろうろ。
いろんなお店に寄りたいけど 何だか銀ブラに付き合ってもらうのも気の毒になって。

それでいつもの場所へ。
エアコンもきいてて涼しいし汗を流せるからうれしい。
4時おきで5時前には家を出てるから正直な所、眠いし疲れちゃって。

でも、彼にとってのメインはここだから(^_^;)
私は自分達の立場を考えるとどうしても素直に喜べなくて。

はぁ~(-_-)
スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。