FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


携帯
2007.12.27(Thu)
前の日記の後 我慢できなくていろいろ話したよ。

それでまた「付き合う」みたいな形に戻った・・・・・かな?
前のように 私だけを見ててほしいけど
想ってくれていたら 帰ってくれたらそれでいい。

お友達と映画やお食事に行く事にヤキモチを妬かない。
だって私がしてあげれない事。
それにいろんな人と会って話して もっと素敵になってほしい。

もしお互いが気に入って付き合いたくなったら私は彼を諦めるよ。

どこまで我慢できるだろう。
でもちょっとだけど彼は気持ちを言ってくれたよ。
どうしようも出来ない事だからお互い悩む。
逃げる。逃げて誤魔化して。


『朔夜はどうしたい?』そう私に聞くばかりだから最近は
「あなたはどうしたいの?」って聞きかえす。
だから応えてくれるようになったよ。


いつもならサイトの方で声をかける彼。
昨日は直接携帯にメールくれたよ。

携帯も通話が無料になるから 携帯を買ったよ。
今日届くはずだったのに 出勤に間に合わなかった(T_T)

近くなら手渡しできるのに。
近くなら・・・・携帯なんていらないよね。

昔ならこんな事してない。
でも、グジュグジュ言って後悔したくない。
時間はないよ。
スポンサーサイト


とうとう・・・・
2007.12.23(Sun)
記録のために書いておきます。

『結局誰と来るの?』
今度私が北海道に行く時にお邪魔する バーの店長であり
彼のリア友さん。

そのコメを読んだとわかると彼はすぐに電話をかけてきたよ
『フォローの電話(笑)』
結局気になる彼女さんと行くんだって。
また学校に戻らないといけないから 少ししか会えないらしいけど
一緒にそのバーに行くらしい。

なんかショック。
まだイルミネーションを見に行ってくれる方が救われる。

電話で腹が立って泣きながら怒っていた。
彼といるとこんな事が繰り返されるんだよね。
電話で気を使ってるのがわかる。
『朔夜は 九州の人と会ったって 事後報告だったやん』
だから?
あなたは私の彼じゃないし妬くこともないんでしょ?

『おふろ上がったらまた電話するから』


メール来た。
「なんでいつも サイトの人と会う前に私とお話をするの?」
『緊張をしてるから リラックスのために』

悲しかった。これから私以外の人と会うんだよ
どんな気持ちかわかってるのに言うよ。

「ごめんね。私はそんなに強くないです。
絵文字で笑うのが精一杯です。
素敵な人だったらいいね
楽しいクリスマスを\(^o^)/」


『もう勘弁して消えてくれって事か(^_^;)
ま~遊んでくるぜ』

悲しくなった。


冬眠
2007.12.17(Mon)
彼は今日から冬眠に入りました。
昨日コメントを書いた時にすぐにお電話がかかってきた。

相変わらず風邪が治らないのか咳がひどい。

『彼女とはもう無理だ~あれからメールも少なくなったし』
「今は忙しい時期だからね。年があけたらまた会う機会もできるんでしょ?」
『ちょっと疲れてきた。一度みんな真っ白にしたいな』
『クリスマスまで冬眠しようかな~。朔夜はメールしてきていいからね』

この2ヶ月で気になる人がいたけど うまく実らなかった。
簡単に両思いなんてなれないよ。
それでちょっと落ち込んではるみたい。

今朝見てみたら『冬眠します』ってあったよ。
メールしてもいいって言ったけど・・・・ちょっとためらいながら
送ってみた「やっぱり冬眠する事にしたんだね」

そしたらすぐに電話がかかってきた。
「みんなには連絡したの?」
『サイトの方に書いておいた』
「心配してメール送ってきはるわ~ちゃんと説明してあげないと」
『来るのは朔夜だけだよ。だれも来ないし』
・・・あかん。かなり凹んでる様子。

「お互い目の届くところって・・・・冬眠したら私は見れないやん」
『メールしてくれたらいいよ』
「でも・・・・あまりしたらうざいって言われそうで・・・・・だから送りにくいの」
『ん?いいよ送ってくれて』
「送って欲しいの?欲しくないの? 送るとしてもお帰りとかおはようぐらいにしておくね」
『そうなん?↓↓』
「寂しいの?もっとメールがあった方がいい?」
『いや 別にどちらでもいいよ。朔夜にまかせる』
「だから私の事ではないの。欲しいか欲しくないか!」
『寂しいの~(笑)』

今度雪祭りに行く話もした。
空港に行くまでの交通費がかかると言ってた。
だから「もう行かない」ってすねてみた。
『すねてるし~いじけてるし~(笑) 
 逢いたいよ。朔夜もいいかな~♪って思ってる。』
わかってるよ。君の面倒をみれるのは私しかいないし(笑)

振られたり寂しくなったら私の所にやってくる。
もっと恋愛して振られて また一つ学んでくれたらいいよ。
最後の最後には戻ってきてね。


2007.12.12(Wed)


彼はサイトで気に入った人とのツーショットの絵を描く。
今で4人。友達も入れたら7人。
久しぶり見たら 今の思い人さんの絵も加わっていた。
なんかショックだったよ。
私は書いてもらえない。

「私達はそんな(恋人)関係にならないよね(笑)」

そう彼女に先に釘をさされて告白前に振られた。
だけどまだ頑張るんだね。

日記に彼の写メがあった。
首から下の全身です。
私が去年にあげたセーターを着てた。

凄くよくとれていたから悲しくなったよ。
「これ見たら彼女さんも 会ってみたくなるんだろうなぁ。
会いたい。
その腕の中にまた入りたいよ。」

冷静になって 火が消えかけていたのに、
一気に苦しくなった。

『彼女の反応はないよ↓』そんな彼の一言にちょっと安心してみたり。

どうしていいのかわからない。
きっと私はしつこい女なのかもしれない。
諦めた方がいいと思う。
それでいっぱい涙がでてきた。

心配した九州の人が話を聞いてくれた。
彼に話すような内容じゃないよ。
でも 「妬かないから話してすっきりしてほしい。」と黙って聞いてくれました。
私って甘えてる・・・・。
いっぱいいっぱい泣いた。
彼に軽く扱われてる事を話した。



『今の人に振られたら また次を探すよ。朔夜の順番はないよ』
『北海道にきたら付き合うよ。でも・・・・子供を置いてくるなら・・・。』
はっきり彼に言われてる。
でもね
『今の人より誰よりも一番声が可愛い♪』
『先日会った人よりもずっと朔夜の方が若いし可愛い。』
『よりをもどすなら朔夜とだし。朔夜ももらい手がなかったら引き取ってあげるし(笑)』

なんて事もいうから期待してしまう。

友達なら別れる事がない。
いつも目の届くところにいるよ。
だから 目の届くところに来てね
 

消えそうな火
2007.12.10(Mon)

この頃毎日電話してます。

新しい想い人さんがいるのに・・・。
やっぱ私は 彼女が学校でいない時間の埋め合わせ?

私の気持ちは一方通行。
もう前のように私だけを見てもらうことはない。
私も誰かに愛されたい・・・・・・。
今の彼は 私を利用してるだけだもん。

私に彼への気持ちがなかったら、友達として楽しく過ごせる。
未来を期待しなくてもいい。

さすがに心が疲れてきたみたい。
「もう、サイトに顔出さなくてもいいかなぁ・・・・」

『目の届くところにいて』そんな約束があったから
遅くなったけど取り合えずご挨拶に行った。
するとすぐにメールが来てお電話。

どうやら振られたみたいです。
まだ何も言ってないのに 先に釘を打たれたようです。
それで私に報告しにきたのね。

彼はまた次を探すよ。
それまで また私の方を見るようになる。

私にだってメールしたりお電話したりする人はいるんだから。
お電話もしたよ~ってみんな彼に話した。

いつもは音を消してる携帯がなったの。
受信メール。
そこから彼の声が静かになった。
誰かのメールに妬いたのか すねたのか。
『ん?聞こえてないよ』って言ってるけど
だったら何で充電完了の音が聞こえてるのさ。

「私はただの友達でしょ?そんな事は彼女に頼めばいいやん。
 今度送るCDが最後のプレゼントだね。」
「あなたは彼女が出来たら もう一人じゃないよ。でも私はまた独りになるよ」
「心の火が消えそうなの。私も誰かに愛されたいよ。
 この状態が辛くなってきた」

そんな話を言ったよ。
本当に彼への火が消えそうなの。
消えた方が楽になれるかもしれない。
でも残しておきたい。守りたい。

彼もこのまま忘れた方が楽なんじゃない?って言うけど。
「どんな形でもいい。繋がっていたい。寂しい時は一緒にいてあげたい」ってお返事しました。


交わる事はないよ。このままの状態。
段々火が消えそうだけど
お互い目の届くところにいよう。
 

ばいばい☆
2007.12.09(Sun)
昨日の彼女のコメントに凄くイライラして朝を迎えた。

土曜は出勤。忙しい。
朝の彼のコメントに金土と休みと書いてあった。
聞いてない・・・・。
昨日私はあれだけ悩んでいたのに。
朝からめっちゃムカついていた。

仕事の終わりにチェックてコメントを書いておいた。
そうしたらすぐに彼から電話がきた。
最近突然の電話が多い。

それで今日が彼女と初デートって事を白状させたよ。
わかってた。
嘘つくの下手~(笑)
電話してたら彼女から「風邪引いたから会えない」ってお断りのメールが来たよ。
メールしてと電話を切った。
するとすぐにかかってきた。
「会いたいけど~しんどいし~」ってイライラきたって。

それで私は慰め役に変わった。
って言うか、彼に気になる人がまたできたわけで、
今回はちょっといい雰囲気らしいから私も覚悟した。

心に思ってる事を話した。
そばに行きたい事。
でもね、子供をおいてきたらだめ。自分と同じにしたらだめ。って。
もし彼女に振られても私の順番が来る事はないよ。

『どうしたらいいのかわからない(T_T)会ってる時は好きな気持ちでいれる♪でも・・・・やっぱり距離を考えてしまいます。だからと言って朔夜が子供を置いてくるのは・・・・。だからわからないです』


振られたらまたメールがくるんだろうね。
それでもいいや。
大好きだよ。ずっと繋がっていたい。
でも繋ぎで 好きになったり離れたりはしんどいよ。
気持ちが覚めていくのが怖い。

私も近くで出会いがないかぁ♪

思い人さん T
2007.12.08(Sat)
『今更だけどあなたに言わないといけない事があるの(^_^;)』
彼の思い人さんが書いてた。

年齢とかそんな事ではないはず。
朝から凄く気になって仕事にならない。

『彼氏がいるの』
それとも
『好きになったみたい』
どっちだろう。

もし撃沈したら 「砕けたから拾って~」とメールがくるはず。
何も来ないよ。
サイトもずっと止まったまま

どっち?


疲れたよ。
もし彼女さんがダメだとしても また探してきはるよ。
私を保険においといて
私は?
彼に彼女ができても私は何もないよ。
また帰ってくるまで待ってるの?

それもいいけど 行動しなきゃ。

泣かないで
2007.12.04(Tue)
電話があった

「私は大丈夫だから ちゃんと言葉をもらったから。だからあなたも頑張って」

それですぐに行動したのがわかった。
あれだけあった彼女との会話が サイトにない。
ただお話してたとわかるコメントだけがあった。

昼間に急に彼からかかってきた電話。
『ただ暇だったから。』そうなの?

夜からずっとメールして 朝方まで彼女と電話していたらしい。
身長も私とかわらない。
同じ関西で私と同じ話し方。
大学生。

『年下の人に可愛い♪ 可愛い♪』を連発されたからもうだめだ・・・・・。
私の方こそもうだめだよ(笑)
好意を持ってもらえてよかったね。

『まだ会ってないからわからないよ。砕けたら拾ってね。』

自信のない事ばかり言ってる。
でもわかるよ。今度はうまくいきそうだね。
だから寂しいの。
「もう 好きもchu♪も言ってもらえないね」

私は「さよなら」を言ったよ。お約束だったもん。
彼女ができるまでって。
でも・・・・・
電話の向こうは泣いてた。
ごめんね。私がそこに行けないからだよね。
行ったらこんなに悩まさなくてよかったんだね。

『彼女はいずれ関西に帰る。きっと追わないし引き止めない』
そんなの付き合ってみたら引き止めるにきまってるやん(笑)

マジに話した。
私達の関係ってなんなんだろう。
彼女でもない 友達でもない。
でもお互い目の届く範囲にいてほしい存在。
『死ぬまでずっと朔夜は大切な人だから』
だから「大切」ってなに(^_^;)


恋愛できないな~ってわかった。
私 やっぱり彼が好きだもん。
って言うか近くにいたい。
これって執着してるっていうのかな?

【ここんところ コメントを頂けると嬉しいですm(__)m】

『ちゃんと朔夜も見てるから』
それって昔と一緒やん。仲良し三角関係。
でも今度は違うよね。
だからちゃんと後ろに下がります。
ちゃんと後ろから見てるから。


私ってこんな恋愛しかできないのかな。


大切な約束
2007.12.03(Mon)
君が涙を流す時 必ず隣に行くよ

何も言ってあげられないかもしれない

何もしてあげられないかもしれない

ただそっと抱きしめるだけで許してくれ

そして君の辛い事を僕に全部話して欲しい

きっと泣き虫な僕だから一緒に泣いてしまうよね

それでもいいよね 二人で泣こう

ずっと君のそばにいるから

大切な君のそばにいさせてほしいから

さよなら?
2007.12.03(Mon)
最近彼は同じ人と良く会話してる。
彼の好きそうな人。

私は直メールを我慢してる。
サイトの方でも遠慮してしまってあまり絡んでない。
そんな寂しさがいっぱいになってとっても苦しかったよ。

私の気持ちは彼にある。
それを知ってて九州の人は優しくしてくれてた。
利用してるようで嫌だから 何も言わなかった。
でもね「妬かないから 大丈夫だから 溜めてないで吐き出して」
って電話してくれた。
自分もしんどい状況にいるのにごめんね。

どっぷりと甘えてしまって大泣きになって話した。
やっと「全てがしんどい」って事を口に出せた。
主人の事も 彼を黙って待ってる事も。
九州の人にさえも簡単にメールができない事も。

話すとちょっと落ち着いた。

ちょうど入れ替わりに 彼からメールが入った。
『日記に書いてあったけど。最近お話が少ないよね。寂しかった?』
それから『電話していい?』ってまた彼の方から言った。
私も簡単にそういいたい。

それで 「メールもお話も少ない。今このまま自然消滅にさせた方がいいのかも」そう思っていた事を伝えた。
「私はなに?彼女でない。友達。なのになんで・・・・。」
そんな話をしたら やっぱり想像していた通りの答が返ってきたよ。

昨日サイトの友達に会ったのも メールの感じで想像できた。
やっぱりそうだった。
今回は私より一つ上の人に誘われたから行ったらしいけどね。


『あのね・・・・』
この感じわかる。好きな人ができたって報告するんだ。
だから言わないでって止めた。

「じゃ~私はサイトから消えるね。お約束だから繋がっていられるのもおしまいだね」

悲しく仕方なかったのに以外と冷静に言えた。

『まだ会ってもいないし わからないよ』
「じゃ~私にどうしてほしい?」
『朔夜はどうしたい?』
「私の事じゃないの。真剣に話して!」

それでちゃんと気持ちがわかったよ。
はっきりと言ってもらった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。